2008年07月14日

医療研修の皆さんが四島にもどりました。

6/27から市立根室病院を中心に医療研修を行っていた、ロシア人医師ら6名が今朝四島へ戻りました。

たんぽぽのメンバーも見送りに行きました。
9時出港の予定が一時間近く遅れてしまいましたが、お陰で沢山話ができました。
たんぽぽが主催した夕食交流会をとても喜んでくれました。

次に我々が四島を訪問したときはまず最初に病院に来るようにと言われました。
四島での対話集会はその後でいい。我々も皆さんを歓迎します!と団長さんが言ってました。
嬉しい話です。

前にも書きましたが、本当に、二度、三度と話を重ねることでどんどん親睦も深まるものです。
時間はかかりますが、隣人として交流を繰り返し、お互いを理解し、四島返還の問題についても一緒に考えて行くことが必要であると感じました。

0807141.jpg

たんぽぽメンバーと医療研修者

0807142.jpg

すっかり打ち解け、笑顔、笑顔です。

0807143.jpg

人道支援事業で市立根室病院で治療をうけていた、家族も
この日、一緒に四島へ戻りました。

0807144.jpg

ダスビダニア!また、会いましょう!



posted by たんぽぽ at 13:33| Comment(0) | タンポポの活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。