2010年04月12日

2010年 今年もビザなしがはじまります!

冬の間、書き込みをしていませんでしたが、今年も5月からビザなし交流がはじまりますので、ブログも再開します(^^;

が...

NHKの特集で最近の択捉島や色丹島の様子が報道されました。(少し前の放送ですが)

ご覧になった方もいると思いますが、北方四島の開発計画(クリル発展計画)が進み、色丹島の学校が整備され、携帯電話も普及し商店の品揃えが増えている様子、択捉島のギドロストロイ社の多角的な開発(アメリカをはじめ日本以外の多くの機械・技術が導入される様子)、サハリン州の旅行会社が考えるカムチャッカから四島を経由しサハリンまでの豊かな自然体験ツアー計画、そして、石油やレアメタルなどの地下資源の可能性...更には、
ビザなし交流等で何度もお会いしているロシア人家族のインタビュー(ソ連の崩壊、1994年の北海道東方沖地震の後は、日本の支援に頼らざるを得なかったが、今は、違う。プーチン首相が島を守ってくれている。)の映像を見ながら、なんども複雑な気持ちになってしまいました。

解説の元外務省の方もこの開発の様子に驚いており、ビザなし交流をマンネリ化、風化させないよう新たな取り組みが必要であること、粘り強く返還運動に取り組む必要性を語っていましたが、はじめに見せられた映像が強烈で、ほとんど説得力を感じませんでした。

領土問題は国と国との問題ではありますが、隣人である根室管内と四島在住の人的交流を続けてゆくことも四島返還のためには大切な活動であると考え取り組んでいますが、NHKのこの特集を見て、個人的にはその気持ちが、少し萎えてしまいました。

しかし、そんな簡単にギブアップする訳にはいきませんので、5月のビザなしに向け、たんぽぽの活動を再開していきたいと思っています。

皆さん、今年もよろしくお願いいたします。


posted by たんぽぽ at 22:37| Comment(0) | ビザなし交流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。